FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by Masashi Ximoto on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画色々6

Posted by Masashi Ximoto on 10.2011 映画色々 0 comments 0 trackback
inception.jpg


映画「INCEPTION」を観ました。

映画館に観に行こう行こうと思ってるウチにBDが出てしまったのでBDで観ました

レオナルド・ディカプリオ演じるコブは人の潜在意識に入り込み、自在に夢を操ることのプロフェッショナル。そしてそれを活かして他人のアイディアを盗む事を仕事にしています。
渡辺謙演じる資産家サイトーの依頼でライバル企業の次期社長の意識に入り込、今までの仕事(盗み)とは逆の事、インセプション(植え込み)をすることに…。

舞台の殆どが「夢の中」なので何でもありの世界です。実に映画向きの設定です。
夢に入り込むには夢を共有しなければならないのでターゲットに侵入するためにはターゲット自身も寝てもらわなければなりません、またマシンを使用して夢を共有します。
また夢を設計する人が必要だったり、夢の主(ターゲットとは別に)が要ります。

「何でもあり」ではあるのだけど一応ルールみたいなものもあります。

・夢から覚めるためには、夢の中で飛び降りたり、大きな衝撃(劇中ではキックと表現)が必要です。

・夢の中で撃たれたり殴られたりすると痛みを感じます。また鎮静剤等で肉体的に深く眠っている状態の時に夢の中で死んでしまうと意識は現実に戻る事が出来ず虚無に落ちます。

・夢の中では脳が活性化され時間の進み方が遅くなる、夢は階層ごとに分かれていて現実世界で10時間だと第1階層(最初の夢の中)では1週間、第2階層(第1階層から更に寝た状態)では6ヶ月、第3階層では10年…となります。

・一つ上の階層の刺激(揺れたり等)はすぐ下の階層に影響してきます。

・下の階層に送り出すのはその階層の夢の主の仕事で、また起こす(キック)も夢の主の仕事です。

・夢の中で派手に刺激を与えるとターゲットが夢だと気付きターゲットの潜在意識が異物の排除をしようとします。

等々。

ルールと言っても、いくつかは、あー夢ってそうだよねー、と思える事が多いので難しく考える必要はないと思います。
難解な映画だと噂されていたようだけど、「夢」ということを理解していれば全く問題ないですし、映画の中でも要所要所で台詞でその説明もされています。台詞を聞いていれば全く難しくはない映画だと思います。

任務完了と各階層で起こすタイミングをバッチリ合わせるのが重要で、この辺の時間との戦いはアクション映画によくある感じですが中々エキサイティングです。
夢を観ているときってそれが現実だと思い込んで観ていますよね、そして、たまにあ!これ夢だ!って夢の中で気が付いたりしませんか?この映画はまさにそれそのもので、良く出来ています。また一部のシーンではCGを使わず実際に大掛かりなセットを作って撮影したというところもリアリティが出ているのかもしれません。
この映画では夢の中で覚醒しているので現実との境がなくなってきてしまいそうでコワイですね、結局現実か、そうでないかは意識が判断しているに過ぎないというか…その辺のことにもこの映画では触れています。

真実とは、幸せとは、普通とは、世界とは、現実とは、一体何か。
台詞一つ一つ、1シーン1シーンが重要な映画だと思いました。
2時間半と非常に長い内容ですが、何度か鑑賞してこの映画の言わんとしていることを探してみるのも面白いかもしれません。


インセプション Blu-ray & DVDセット (初回限定生産)インセプション Blu-ray & DVDセット (初回限定生産)
(2010/12/07)
レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙 他

商品詳細を見る

関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://soundz.blog35.fc2.com/tb.php/123-331e2e38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。