FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by Masashi Ximoto on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Propellerhead Recordを買ってみた。

Posted by Masashi Ximoto on 11.2010 制作の事とか 0 comments 0 trackback
s-CIMG0207.jpg



随分前、先月の頭位に、ですが…。

前回の記事と前後してしまうけどRecordについて使用感等を少し書きます。
出た当初から気にはなっていたのですが、メインでCubaseを使っていたので少し迷っていたところ、
今購入すれば時期バージョンへのアップグレードが無償というのに踊らされました、とみせかけて実は色々あって半分DAWの乗り換えも考えていました。

Reasonの安定性は素晴らしいと思っていました、今まで落ちるなんてことは愚か不具合らしい不具合も起きた事がないです、しかも音も良い。が、録音が出来ない、(サンプルではなく)オーディオが扱えないというのは時に非常に不便です。
しかし今回オーディオ機能が付いたことでより幅の広い制作環境が整ったという感じがします。
もうすこしオーディオ編集機能が充実しているといいんだけど。
動作に関してReasonまでとはいかないけれど十分軽いのでライブにも積極的に使って行けると思いました。

recordの面白い点としてミキサーがあります。これはreasonにあるミキサーとは全く別もので、業務用ミキシングコンソールのSSL 9000 Kを忠実にモデリングしているそうです。
スクリーンショット
ミキサーセクションはフェーダー、センド、インサート、EQ、ダイナミクス、インプットに分かれていて(画像左側)、勿論フルオートメーションに対応しています。
さらにこのミキサー自体にマスターコンプレッサーも用意されています。これがすごく良い!!(と思う!!!)
チャンネル数はお約束の無限、ただしコンピュータの性能による、です。

正直このミキシングコンソールの機能のためだけに買ったと思っても良いくらい面白い。

もしかしてこれってメチャクチャ広いモニター要るんじゃない?と思ったけど、勿論広いに越したことはないのですが、ぐりぐりスクロールできるのであまり不便に感じたことはありません。

この他にはreasonと同様にシーケンサーセクションとラックセクションがあります、このミキサーを合わせた各セクションはF5、F6、F7で切り替えが出来、もう一度同じキーを押せば3画面に分かれ各セクションを見渡せる状態になります。
シーケンサも少しだけ変わりましたが違和感ありません、それよりラックが横にも広げられるようになったのは嬉しいかも。
スクリーンショット


バンド録音ソフトと謳っている部分が大きいけれど、録音云々以前に、音も機能もアップグレードさせるという意味でもreasonユーザーはrecordを導入するのがオススメです。
もうすぐreason5も出るしrecord1.5も出るので益々期待しています。

あ。今回からドングルキーの方式になりました(ネット環境が整っている場合はネット認証でも使えます)。
でもドングルめんどくさいよね…。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://soundz.blog35.fc2.com/tb.php/106-25e6766e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。